中国半導体デバイス産業の発展状況(2022年8月26日)

 2021年中国半導体市場の売上高は34.6%を占め、世界の最大の半導体市場となっている。中国内の半導体産業チェーンも形成されている。当社では、中国半導体の関連政策、中国の各地域別の発展状況、半導体デバイス市場、製造装置市場、および材料市場の状況についての調査レポート「中国半導体デバイス産業チェーン分析レポート2022-2025」を発刊した(2022年8月26日)。本特集では同レポートを基に中国半導体デバイス産業チェーンの市場概要をまとめていく。

1、半導体デバイス市場、2021年売上高が1億元超え、産業構造が最適化

 中国半導体産業の急速な発展は、長期的な半導体投資メカニズムによるものとなる。 その中で、国家集積回路産業投資ファンド(以下「ビッグファンド」という)の第1期と第2期の投資総額は3,400億元を超えており、2025年までに1兆元以上の売上高を促進することが期待できる。ビッグファンドは、中国の半導体産業全体の発展を促進する上で大きな役割を果たしている。